土地家屋調査士とは?

《土地家屋調査士の役目って?》

土地家屋調査士についてご紹介したところで、次は土地家屋調査士の役目について具体的にみていきましょう。
土地家屋調査士は、不動産の状況を正確に登記記録に必要な調査・軽量及び、申請手続きなどを国民から依頼を受けて、
これらの業務を正確かつ適正に行うことにより、不動産取引の安全の確保、国民の財産を明確にするといった
極めて重要で公共性の高い役目を果たす職業であるといえます。
その役目を果たすための基本姿勢を「土地家屋調査士倫理規程」として制定されています。
また、不動産の物理的な状況を明らかにすることが求められています。
そうすることによって、誰もがその不動産の物理的な状況を容易に確認できるようになり、不動産取引などの安全や円滑化が図られるのです。
また、この表題登記がない不動産は存在が認可されておらず、たとえば土地や建物を売買したり担保に提供したりといったことができないということです。
なお、建物については完成後1ヶ月以内に表題登記をしなければならないと法的に定められています。
従いまして、土地家屋調査士の主となる役割である「表題登記」は大変重要な仕事であるといえますね。
一般的な不動産取引の現場では、土地家屋調査士の関わりなしで取引が進むことはありません。
土地を売却する際に必要となる境界の確認や調査、測量など、建物についても、新築や増築、取壊した場合は、登記の申請が必要になります。
これらの申請手続は、専門家である土地家屋調査士だからこそできる仕事であります。
また、土地は一般的に個人財産の中でも高い比率を占めるため、土地争いや不動産取引の際にも境界争いが出ると非常に厄介で、
大事になることも少なくありません。
そこで、境界争いが泥仕合の様相となる前に解決するという役割として、一定の要件のもとで境界に関するADR(裁判外紛争処理)を
行うことも認められている土地家屋調査士に任せられることも多いのです。